ホワイトニング コンシェルジュ-ホワイトニング以外で白くする方法/神経を抜いた歯を白くする方法

TOP > ホワイトニングの疑問・質問にお答えします  

ホワイトニングの疑問・質問にお答えします。

神経がない歯でも白くできますか?
ホワイトニングの種類によって、日本人に向き不向きがありますか?
市販のホワイトニング剤や歯磨きで歯を白くすることはできますか?

神経がない歯でも白くできますか?

神経を抜いた歯は、時間がたつと暗くなってきます。こういった歯は、通常のホワイトニングでは白くなりにくく、また後戻りもしやすくなっています。以前はウォーキングブリーチと言って、歯の中に過ホウ酸ナトリウムと過酸化水素を混ぜ合わせたホワイトニング剤を封入し、1週間ごとにお薬を交換して白くする方法が、保険も適用されていたため一般的だったのですが、今は保険から外されてしまい、痛みも出やすいため、あまり行われなくなってきました。現在では歯の裏に詰めてある樹脂をはずして、そこにホワイトニング剤を入れてオフィスで白くするインターナルブリーチが一般的です。この方法なら他のオフィスホワイトニングと組み合わせて行うこともできます。

他には歯の表面に樹脂を塗って固めるマニキュアがあります。マニキュアであれば確実に白くすることができますが、若干歯に厚みが出てしまう欠点があります。

Page top

ホワイトニングの種類によって、日本人に向き不向きがありますか?

日本人は白人に比べて、エナメル質が薄くできています。エナメル質が薄いと、ホワイトニングの際にしみやすいのですが、これは薬剤濃度と関係があります。お薬の濃度が高いと、光を当てなくても短時間で知覚過敏が起こることがあります。光を使用していないシステムや、光の効果が弱いシステムでは、30~40%の高濃度の薬剤を使用していますので、日本人の場合は白くなる前にしみてしまう可能性があります。そのため白くするためには1回の時間を短くして、何回か行う必要があります。これに対して15~25%程度の薬剤を使用し、特殊なライトや触媒を使用しているシステムは、薬剤の濃度が低くできるために、エナメル質の薄い日本人でも、1回で長時間のホワイトニングが可能になります。このほうが、歯にはやさしく、日本人向きといえます。ただこれらの歯のしみは、お薬の効果が完全に消える24時間以内には収まりますので、歯に害はありません。

ホワイトニングの効果や知覚過敏の程度は、人種よりも個人個人の歯の色や状態によって変わってきますので、日本人だからこのホワイトニングのほうがいい、というのはありません。歯をよく診査してもらってから、しみる程度とホワイトニングの効果で選ばれるほうがいいと思います。

Page top

市販のホワイトニング剤や歯磨きで歯を白くすることはできますか?

残念ながら日本では現在のところ薬事法上、市販されている歯磨きやジェルなどに歯科医院で使用しているホワイトニング剤の過酸化物を、成分に入れることが禁止されています。中には「歯を白くする」や「ホワイトニング」と謳っている製品がありますが、これは歯の表面の汚れや色素を落とすいわゆるクリーニング効果のみです。このクリーニング効果でも、「歯を白くする」や「ホワイトニング」と表示していいことになっているため、誤解が生じています。歯の表面の着色は、市販の歯磨きやジェルで落とすことができますが、歯自体の黄ばみを白くするには、歯科医院でホワイトニングをお受けください。

また海外ではドラッグストアなどで、ホワイトニング剤が配合された歯磨きやジェルを購入することができますが、日本人は欧米人に比べて歯と歯の間の虫歯が多く、知らずにホワイトニング剤を使用してしまうと、歯の神経を痛めてしまう可能性があります。特にアメリカでは高濃度のホワイトニング剤も販売されていますので、使用するのであれば必ず歯科医師に相談してから使用してください。

Page top