ホワイトニング コンシェルジュ-ホワイトニングとは/ホワイトニングの原理/クリーニングとの違い

TOP > ホワイトニングの疑問・質問にお答えします  

ホワイトニングの疑問・質問にお答えします。

ホワイトニングって何ですか?どうして歯を白くできるのですか?
ホワイトニングは安全ですか?歯のクリーニングとは違うのですか?

ホワイトニングって何ですか?

ホワイトニングとは

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術です。歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて歯自体を白くしていくものです。それまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、歯の表面を削ったり傷つけたりすることなく、自分の歯を残して白くすることができるようになりました。以前はホワイトニングのことを色素を抜くことからブリーチングと呼んでいましたが、ブリーチというと強力な薬品を使って髪の毛や衣類を漂白することを連想させるので、1990年初頭にアメリカのメーカーの発案でホワイトニングという言葉が使用されるようになり、現在ではこれが定着しています。

ホワイトニングには大きくわけて、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。ホームホワイトニングは、マウスピースを作って、数時間その中にホワイトニング剤を入れて白くします。
ホワイトニングの効果は個人個人によってかなりの差があります。元々歯の色が濃い人、子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人はホワイトニングの効果は低くなりますし、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。

Page top

どうして歯を白くできるのですか?

ホワイトニングに使用する過酸化水素は、分解するときにフリーラジカルが発生します。このフリーラジカルが、歯の着色有機質に含まれている二重結合部分を切断します。これによって着色有機質は分子が小さくなり、色がなくなってきます。この無色化により、歯の明るさを上げて白くする方法です。歯の明るさを上げて白くするため、かなり白くしても、自然な感じで白くなります。ホワイトニングは物質を溶かすわけではなく、色が変わるだけですので、歯自体を溶かしたり、傷つけることはありません。オフィスホワイトニングでは、この反応を促進させるために、光やレーザー、プラズマなどを当てます。また最近では触媒として二酸化チタンや窒素などを配合して、反応を促進しています。

ホワイトニングの原理01 1歯の表面にホワイトニング剤を塗ります。
ホワイトニングの原理02 2プラズマ、レーザーなどを当ててホワイトニング剤を活性化します。
ホワイトニングの原理03 3ホワイトニング剤が分解するときに発生する水酸基ラジカル(OH')が歯の色素を分解します。(このときに酸素も発生しますがホワイトニング効果はありません)
ホワイトニングの原理04 4色素を分解された歯は透明感(明度)が上り白くなります。

そのほかの作用

歯の着色を分解して白くするほかに、補助的なものとして下記のようなものがありますが、一時的なもので、すぐに効果はなくなります。

・歯の表面の乱反射
ホワイトニングを行うと、薬剤によっては一時的に歯のカルシウムが溶け出して、歯の表面が荒れ、光の乱反射によって白く見えることがあります。しかしこの作用は、カルシウムが戻る1時間程度で、元に戻ってしまいます。

・歯の乾燥
歯にはペリクルという、タンパク質の保護膜がありますが、ホワイトニング直後は、このペリクルがはがれてしまい、歯が乾燥しているため、白っぽく見えています。この作用はペリクルが再生する24時間以内には、元に戻ります。


Page top

ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニングの研究は100年以上前の1844年から行われており、アメリカでは約20年前から実用化されていて、今ではドラッグストアや百貨店などで普通に売られているくらい、生活に浸透しています。ホワイトニングに使用される薬剤は、アメリカの食品医薬品局や日本の厚生労働省でも認可されていて、アメリカのニューヨーク大学、ニュージャージー医科歯科大学、ロマリンダ大学、インディアナ大学日本では昭和大学、日本大学、東京医科歯科大学、岩手大学など多くの大学や研究機関で、安全性が確認されています。歯を軟化させたり、傷めたりすることなく安全に白くすることが出来ますので安心してください。

ジェルについて

ホワイトニングには通常、過酸化水素を使用して歯を白くします。過酸化水素は、消毒剤として一般的に使用されているのをはじめ、食品添加物にも使用されており、人体でも肝臓で1日に約6.5gの過酸化水素が作られています。またホームホワイトニングで使用されている過酸化尿素は、歯茎の治療薬としても使用されています。
ホワイトニング剤の中には、pHが低いものがあり、一時的に歯のカルシウムが溶け出す脱灰という現象を起こしますが、唾液の作用で1時間以内にはカルシウムが戻る「再石灰化」が起こることが分かっています。このリスクはコーラを飲んだ時と同程度です。
以前は酸を使用してホワイトニングを行っていた時代もありましたが、現在はほとんどの製品で酸を使用していません。

ライトについて

ホワイトニングには可視光線領域のライトやレーザー、LEDなどを使用します。中には近紫外線であるUVAを若干含んでいるものもありますが、紫外線そのものではありません。薬事法が厳しい日本や、訴訟大国のアメリカで認可されているシステムであれば、正しい使い方をしていればどれも安全性に問題はありません。

熱について

オフィスホワイトニングに使用する機械の中には、熱が出るものがあります。これはホワイトニング剤を活性化させるためにわざと熱を出しているのですが、温度が50度近くになることもあります。しかしCRAというアメリカの研究機関の報告では、お薬表面の温度は50度近くになっても、歯面の温度は体温にも満たないことが確認されています。この熱はお薬を活性化させるためだけのものですので、歯の神経には全く影響がありません。

Page top

歯のクリーニングとは違うのですか?

歯のクリーニングとは歯の表面についた色素(ステイン)を磨いて落とし元の歯の色に戻すことです。歯が黄色い人の中には、ヤニや茶渋などの色素で歯が黄色くなっていることがあり、歯のクリーニングだけでもかなり白くなることもあります。もし1年以内に歯のクリーニングを受けていなかったら、まずはクリーニングを試してみてください。ホワイトニングをするにもこのクリーニングは必要です。歯の表面に汚れや色素がついているとホワイトニング剤の成分がこの汚れに吸収されてしまい、効果が半減してしまいます。歯を白くする第一歩は歯のクリーニングです。歯のホワイトニングは、歯の表面の色素を落とすクリーニングと違い、歯自体の色を白くします。

Page top